【初心者がクラウドワークスやってみた】動画の文字起こし作業~途中経過を解説

副業
スポンサーリンク

動画の文字起こし作業って大変なの?初心者でもできる?稼げるの?

という疑問に答えます。

先日、はじめて副業として「Youtube動画の文字書き起こし」を受注させていただきました。

やってみた感想を書きたいと思います。

これからやりたいなと考えている方、ぜひご参考にしてください。

副業で動画の文字起こし作業をやりました(正直、過酷です)

今回の案件はCrowdWorksで受注しました。

経緯としては、スカウトが来て、応募のためにサンプルとして5分程度の書き起こし文章を書いて送付しました。

依頼者の方が急いでいたのか、幸いにもすぐお返事がきて受注となりました。

先に言いますが、はじめてというのもありましたが、かなり過酷でした。

受注条件

受注条件はシンプルで、以下でした。

動画10分の文字起こしで500円
・内容のまとまりごとにタイトル付け+そのまとまりの概要説明:1タイトルあたり100円

整理すると、報酬のイメージは次のようになります。

(例)動画10分
・書き起こし:500円
・タイトル・概要:5件で500円
⇒合計1,000円

「タイトルは文字起こしができていれば、「ついで作業」でしょ」「10分の動画だったら、かかっても1時間くらいかな」「タイピングは遅くないから稼げるよね!」と安易に考えてスタートしました…。

他の募集案件の例

ご参考までに、他の案件の相場も載せます。

僕が受注したのは、もしかするとかなり安かったのかもしれません。

(ほかの募集案件)
・動画1分の書き起こしにつき100円
・60分の動画をまるごと書き起こしで1,800円
・10分の音源を書き起こしで200円

やってみた感想:実際はどうだったのか?

事実をそのまま書きます。実際にかかった時間は、以下でした。

動画8分
・書き起こし:1時間30分
・タイトル・概要:4件で30分
⇒合計2時間

正確には動画が8分なので若干は報酬金額は異なりますが、時給換算すると

(文字起こし500円+タイトル・概要400円)÷2時間 = 時給450円

唖然としました。

今の東京都の最低労働賃金が1,013円なので、それと比べると半額以下。

確かにスキマ時間を活用して作業できるというメリットがあるものの、これは低すぎます

さらに言うと、効率を上げて仮に1時間で対応できたとしても時給1,000円程度です。

書き起こしは常に音に集中しつつ、手を高速で動かさないといけないので、休む暇のない作業です。

言ってみれば、1時間ずっと超集中したまま、作業をし続けて時給1,000円ですって言ってるようなもの。

これだったら、学生のアルバイトのように無駄話しながらでも1,013円もらった方がまだラクです。

1時間ずっと座りっぱなし・タイピングしっぱなしで1,000円もらえる

人によって感覚が違うかもしれませんが、やってみた感想しては「めちゃくちゃ過酷!」でした。

手首と指先が本当に痛くなりますし。

まとめ

何事も経験ですよね!(前向き)

僕もタイピングがかなり遅いわけではなく、かつ集中もしながら作業してもこんな実績でした。

確かに続ければ多少効率が上がるでしょうけど、それでもかなりの量と効率を上げていかないと、かなりタフな作業になると改めて思いました。

単純作業で副業と呼べるほどの報酬をいただくのも難しいですね。

やはり、瞬間的な収入ではなく、将来につながるスキルが身につけるという長期的な観点が大事なんだな、と強く実感できました。

今後も目標を見失わず、頑張りたい!

(とは言いつつ、まだ受注案件が残っているので、責任をもって最後までやり切ります!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました